HomePicalicoとは[情報を伝える仕組み]
お問い合わせ
Home
Picalico評価キット
トピックス

情報を伝える仕組み

一定の時間間隔で変化する色の順列パターンが信号です

使用する色は「赤」「緑」「青」で、他の色との入れ替えや、使用する色の増減はできません
順列パターンは1,062,881通りあり、この数が送信できる情報の数になります
色の変化間隔は100msecで、1パターンの送信に2.4sec必要です
Picalico利用イメージ

「赤」「緑」「青」の発色を制御できる、LED表示灯や単体LEDなどを送信機として使用します

「赤」「緑」「青」発色を100msec単位で制御できることが必要です
発色部の形状の制約はありませんが、発色部の大きさは信号の到達距離(=カメラで撮れる距離)に影響があります

カメラとパソコンを受信機にします

カメラはIP接続(またはUSB接続)のデジタルカメラで、20fps固定で撮影できる必要があります
カメラの解像度(撮影画素数)と画角の制限はありませんが、受信可能距離に影響します
パソコンで受信処理を行います

受信性能

信号自動検索

受信アプリが、カメラ映像内から信号を自動検索して受信します
事前の信号位置指定は不要で、カメラ映像に写る範囲であれば信号位置が変わっても受信します(信号移動中の受信は不可)

受信可能信号数

1カメラ映像から最多100信号まで同時受信することができます

受信最大距離

受信するためには、信号が安定して1ピクセル以上の大きさで映像内にあることが必要です
受信可能距離は、①カメラ解像度、②レンズ画角、③送信機の面積の3条件により決まります

利用環境

太陽光直射を受けない屋内で、1500lx以下の環境で使用できます
送信機の発色を損なう照明や信号灯などがあると受信できない場合があります